大層面白い愛犬とのやりくり

こんにちは。わたしは犬を飼って掛かるパーソンだ。
ここでは「うれしい愛犬との生涯」に対して、私の実話を交えながらお話しさせていただきたいと思います。
わたしは、小学5年生の辺りから犬を飼い始めました。
どんどん犬を飼ってみたくて、はじめて犬を迎えた太陽からはちっちゃいわたしにとりまして心配の常々だったのを、とことん覚えています。
初めの辺りにやってきた犬は、黒い柴犬の女でした。
そのワンくんは近々女犬になり、5匹の美しい子犬を産みました。
わたしはその時も愛犬の分娩に立ち会い、一生懸命に分娩講じる愛犬を見て感動し、涙が出ました。
その5匹の子犬のうちの1匹は、うちで女犬と共に養うことになり、残りの4匹は素敵なオーナーちゃんたちに引き取られていきました。
うちに残る子犬は、唯一の男子で、唯一の白い柴犬でした。
今ではその子犬も女犬から大きくなり、たくましい番犬に成長しました。
わたしがこういう愛犬たちに出会えたことは、現在思っても、「驚異」です。
わたしが転校することになって、なかなか初々しい学校になじめなくて常々泣いているときも、家でみずからお留守番やるときも、たえずそばにいてくれたのは、愛犬でした。
但し、ゆくゆく私も大人になって馴染みといった外で遊ぶことが多くなってからは、愛犬って遊ぶ時間が減りました。
でもその時のわたしにとっては馴染みといった外で遊びたいという気分が強くなってしまった結果、愛犬のわたしに対しての印象も、「からきしかまってくれないんだね・・・。」と言っているかのように、ダメージ面持をすることが多くなりました。
いま、その時よりもしばし大人になったわたしは、その時のことを後悔していらっしゃる。
愛犬は、どんな時もオーナーのことを一番に思ってくれているんだといった、わたしは感じます。
わたしは愛犬のおかげで、たくさんのことを覚え、今まで忘れていたことも「大切に決める。」と思えるようになりました。
生き物は、個人が思っている以上に、個人と同じように「気分」を持っています。
これを見て、多くの人が「犬を飼いたい」としてほしいのと同時に、家にペットという家庭をこれから控えるという軒並みたちにぜひ、いつまでも「優しさや厚意」を持って愛犬といった接してほしいと思いました。
よりの皆さんが素敵な家庭(ペット)と出会えますように。http://www.jurbooks.ch/